8月カディプロジェクト作業場建設のための調査報告_20

8/27 屋根モックアップ3 日目/ ボーリング調査2 日目

昨日に引き続きボーリング調査が行われる横で、屋根モックアップの続きを行います。屋根モックアップはフレームを完成させ、実際の高さとは異なりますが、フレームの立ち上げまで行うことができました。接合部、施工手順等をモックアップから確認できることが多く、良いモックアップになったと思います。
また、屋根の地上げの検討を行いました。内部に水が入らないようにアルミ板を敷いた上に茅・藁の順番に葺いていきます。この藁葺き屋根はハティヤール村にも多く見られ、そういった風景をこの工房にも取り込んで行ければと思います。

8/27調査  滋賀県立大学 橋本

8月カディプロジェクト作業場建設のための調査報告_19

8/26 屋根モックアップ2 日目/ ボーリング調査1 日目

ボーリング調査( 地盤調査) がはじまり、同時に屋根モックアップを本格的に行っていきます!
今回は大きな作業空間を覆うための屋根モックアップを竹を用いて作成します。工房の作業空間に柱が落ちないように屋根フレーム自体の強度をあげてます。また、梁材として竹を2 本連続させることで、屋根フレームを大きくすることが可能となります。
今回が初めての竹加工になりましたが、施工上における改良点などの気づきがあり良いモックアップとなっています。

8/26調査  滋賀県立大学 橋本

8月カディプロジェクト作業場建設のための調査報告_18

8/25 土壁モックアップ7 日目/Gaya への資材調達

前回の崩れた土から再度土ブロックを作成し、土壁を立上げていきます。
基礎のサイズに合わせながら土ブロックの配置していきます。
前回は接着が上手くいかなかったので、土ブロックの表面にも水をたっぷりと掛け、隙間に入れる土と一体化するようにします。
ワーカーのジャッカルさんとマヘンダルさんも土ブッロクの制作になれてきた様子。
前回の失敗も踏まえて今回はじっくり乾かすことにします。

8/25調査  滋賀県立大学 橋本

8月カディプロジェクト作業場建設のための調査報告_17

8/24 土調査その4(Patna)

ボーリング調査/ 土の圧縮試験に関する確認( 土の供試体を持参) のためPatna へ訪問しました。
圧縮試験に関して、前回のPatna 訪問の際の時点では圧縮試験を行えるとのことであったが、CBR 試験に含まれる圧縮試験だったとのこと。また、基本的にISLow に準じた調査しか行わないため、一軸圧縮試験(ISLow に記載されていない) は訪問した会社ではできないとのことでした。そのため、今回は圧縮試験を行わないことに。
会社訪問を終え、Patna にあるNational Institute Of Technology Patna という大学に建築学科があるとの情報があったので、訪問しました。
祝日のため建築学科の先生にお会いすることができませんでしたが、大学関係者の方から圧縮試験を行うための機器があるとの情報を頂きました!
後日連絡をしてみたいと思います!

8/24調査  滋賀県立大学 橋本

8月カディプロジェクト作業場建設のための調査報告_16

8/23 土壁モックアップ6 日目

土壁モックアップ5 日目と同様に土ブロックを組積していきます。土ブロックを乗せ、隙間に土を充填させている最中に緊急事態が発生しました。
下の土壁にクラックが入った次の瞬間、土壁が一気に崩れ落ちました。
気を取り直して、なぜ崩れてしまったかの確認を行います。
崩れた断面の土を確認すると土壁モックアップ1 日目の土が未だ乾燥していないことがわかりました。
以前のモックアップでは猛暑のため乾くのが当然な状況にでしたが、雨季の時期は全く乾燥していないようです。
また、土ブロック同士の接着も上手くいっておらず、接着材として水をもう少し加える必要があります。

8/23調査  滋賀県立大学 橋本

8月カディプロジェクト作業場建設のための調査報告_15

8/22 土壁モックアップ5 日目

土壁モックアップ5 日目では、型枠で土ブロックを作成しそれを積み上げながら土壁を立上げていく構法の検証を行いました。
まず、持参したコンクリートパネルから土ブロックを作成するための型枠を作成します。作成した型枠に水とBusa( 麦藁) を加えた土を投げ入れながら充填させていきます。
土ブロックは乾燥させた方が良い( 土が収縮するため) のですが、雨季により乾きにくいため、今回は湿ったまま土壁の上に乗せていきます。最後に土ブロックの隙間を埋めるように水分量を少し多くした土を手で充填させます。
最後に形を整えて乾かします。積み上げ高さは20cm です。

8/22調査  滋賀県立大学 橋本

8月カディプロジェクト作業場建設のための調査報告_14

8/21 屋根モックアップ1 日目

屋根モックアップのために1 本の竹から割竹を作成しました。竹の太さにもよりますが、1 本の竹から4-6 本の割竹を作成することができます。
このまま作業を続行しようと思っていましたが、体調が急に悪くなりダウン。
菩提樹の影の下でしばらく横になっていましたが、体調は悪化する一方だったので、ゲストハウスに戻り、休養をとることにしました。

8/21調査  滋賀県立大学 橋本

8月カディプロジェクト作業場建設のための調査報告_13

8/20  菩提樹調査その3/ 道具の作成

菩提樹の枝の位置出しの次に必要な枝の太さに関して可能な限り測量を行ないました。
また、屋根モックアップ作成のための道具( ハッカー) を購入するためにブッタガヤのマーケットを訪れました。しかし欲しい道具が見当たらず、現地プロジェクトマネージャーSandeep さんに連れられ鍛冶屋へ訪問。
鉄筋からハッカーを作成してもらうことに!
欲しいものがなければ作れば良いという感覚は日本では中々味わえないような感覚でした!

8/20調査  滋賀県立大学 橋本

8月カディプロジェクト作業場建設のための調査報告_12

8/18 土壁モックアップ 4 日目

昨日 (8/17) は雨が降っていたため、乾燥のために1日寝かしておくことにしました。
土壁モックアップ 4 日目では、土壁の形成のため鍬で余分な部分を切り落とし、再度積み上げを行なってい行きます。
しかし、2 日目・3 日目で作成した部分を含め サイドが崩れてしまいました。雨季にのため、乾燥しにくい状態での積み上げたのが主な原因と考えられます。
前回の調査中は、50度近くの猛暑の 中での作業だったため、このような問題は起きなかったため、やはり自然素材は一筋縄に行かないなと痛感することとなりました。

8/8調査  滋賀県立大学 橋本

8月カディプロジェクト作業場建設のための調査報告_11

8/16 土壁モックアップ 3 日目

土壁モックアップ 2 日目では、麦わら ( 現地では Busa と呼ばれている ) を昨日より多く加えて、土壁の作成を行ないました。
麦わらの量を増やしたのは、土の粘土質を少し弱めつつ、作業の効率化を図るためです。
これも当初のスタートから調査してくれているハティヤール村のジャッカルマンジー 氏に協力してもらい検討を重ねています。
麦わらは土の繋ぎ材として も機能するため、乾燥した際のひび割れを低減できることもわかりました。
昨日と同様に 20cm 程積み上げて乾燥を待ちます。

8/16調査  滋賀県立大学 橋本

8月カディプロジェクト作業場建設のための調査報告_10

8/15 菩提樹調査その 2

また、土壁モックアップと同時進行で、菩提樹の測定も行ないました。
菩提樹の枝に何点か紐を結びつけ、重石を付けて吊るします。
枝の位置を地面に落とすことで正確な枝の位置とその地点での高さを確認することが可能になると考えました。
得られたデータは 3D ソフト内に反映させ、計画案と菩提樹の関係性をより明確にすることで、計画案を発展させていこうと考えています。
先生方も帰国し、ニマイニタイの廣中さん、カランさんも不在の中、マネージャーのサンディープさんと連携をとって調査を進めています。

8/15調査  滋賀県立大学 橋本

8月カディプロジェクト作業場建設のための調査報告_9

8/15  土壁モックアップ 2 日目

土壁モックアップ 2 日目では、土を叩きながら圧力を加えながら強度を持たせることができないか、様々なことを検証しながら土壁の作成を行ないました。
土に粘土がかなり含まれており、表面を叩く際に木槌に土が付着してしまったため、土壁表面に少量の砂をかけ、叩きなから形を整えていくことで工夫を重ねました。
現在は雨季のため、1 日 20cm 程しか積み上げることができませんでした。
なかなか思うようには進みません。

8/15調査  滋賀県立大学 橋本

8月カディプロジェクト作業場建設のための調査報告_8

8/14 土壁モックアップ 1 日目

土が入手できたため、前回の調査に引き続き土壁モックアップを新たに作成します。前回のモックアップでは、現地の手 法で土壁を作成しましたが、今回はより強度のある土壁づくりを目標にモックアップを作成していきます。
土壁モックアップ 1 日目では、ハティヤール村近くからレンガを購入し、土壁の土台となる基礎の作成を行ないました。炎天下の中での作業、やはり体力が奪われますが、滞在期間も折り返し、頑張ります!

8/14調査  滋賀県立大学 橋本

8月カディプロジェクト作業場建設のための調査報告_7

8/13  土調査その 2

今日は土の強度を調査する会社がビハール州の首都パトナにあるということで早朝からパトナへ向かいました。車だと4時間、電車だと3.5時間ほどかかります。マネージャーのサンディープさんが、列車の方が片道100円ほどで行けて格安だ!ということで列車で行きましたが、猛暑の中3時間半立ちっぱなし、おまけに満員で辛かったです。
今回訪れたこの会社は、土の圧縮強度、ボーリング調査に関して土の調査を行う会社で、今回は私たちの現状をヒアリングしてもらい、見積もり依頼しました。この会社ではIS (Indian Standard) Low に基づいた上で検査を行っており、建材として用いる土自体の強度や建設予定地の地盤強度を知ることができます。
安全で強度の高い建築物を作るためにも、この調査は必須です。
苦労して日帰りした甲斐がありましたが次回は車で行きたいところです。

8/13調査  滋賀県立大学 橋本

8月カディプロジェクト作業場建設のための調査報告_6

8/12 菩提樹調査その 1

菩提樹の大きさや枝の位置を正確に把握する作業の準備をはじます。
竹の足場を作成したのは枝から糸を吊るしやすくするためです。
竹の接合にはココナッツからできた糸を用い、竹の足場の高さは 4m!
菩提樹がいかに大きな 樹木であるか改めて実感しました。
村の人たちも「いよいよ建設が始まるのか?!」と、前のめりでみんなに囲まれ助けてもらいながら調査を進めました。

8/12調査  滋賀県立大学 橋本